Locibookに使用する画像のみつけかた

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

Locibookを使っていくと、さまざまな種類の画像がたくさん必要になってきます。画像の入手方法や画像をさがすコツとして、スクリーンショットの撮り方と、インターネットにおける画像の探し方を紹介します。

さまざまな環境でスクリーンショットをとる

スクリーンショットをとるとは、画面に表示されている内容をそのまま、画像ファイルにすることをいいます。画面に表示されているものは、ウェブであれ他のソフトウェアであれ、なんでも画像ファイルにすることができます。

Locibookで使用する画像をあつめるためには、このスクリーンショットがとれるようにならなければなりません。

スクリーンショットの撮りかた

スクリーンショットの撮り方は、OSや機種によってことなります。それぞれのOSや機種での、スクリーンショットの撮り方は次のようになります。

Windows

Windows8や8.1では、Windowsキーを押しながらPrintScreenキーを押してください。Surfaceなどの、Windowsタブレットを使用している時は、Windowsロゴボタンを押しながら音量を下げるボタンを押します。すると、ピクチャフォルダにスクリーンショットが保存されます。

Windows7以下では、スクリーンショットを直接画像化することはできません。スクリーンショットをとるための、詳しい手順はこちらを参照してください。面倒ですので、Windows7以下を使っている人は、携帯やタブレットなどのモバイル機器にて、必要な画像のスクリーンショットをとったほうが簡単でしょう。

Mac

次のキーボードショートカットで画面のスクリーンショットがとれます。

command + shift + 3

なお、次のキーボードショートカットで、部分スクリーンショットもとれます。

command + shift + 4

iPhone

上についているスリープ・スリープ解除ボタンを押しながら、ホームボタンをおすことでスクリーンショットがとれます。撮影されたスクリーンショットは、写真アプリのカメラロールに保存されます。

Android

電源ボタンを押しながら、音量を下げるボタンを押すことでスクリーンショットがとれます。撮影されたスクリーンショットは、ギャラリー(機種によってはアルバム)アプリ内に保存されます。

部分スクリーンショットの撮りかた

WindowsやMacでは部分スクリーンショットをとることができます。詳しくは部分スクリーンショットによるLocibook用画像のつくりかたを参照してください。

場所法の場所となる背景画像のみつけかた

背景画像とは、図の背景につかわれる画像です。これは、場所法における場所となりますので、とても重要な画像です。

外出して近所の写真をとる

場所法における場所となる背景画像は、人それぞれ親しみのある場所です。基本的には、その場所まで出向いていって、写真をとることになります。

このとき、できるかぎり人が写り込まないように、周りに配慮して写真をとってください。注意しないと、怪しい人物と思われてしまうかもしれません。

Googleストリートビューのスクリーンショットをとる

外にでるのが面倒だったり、街の風景を撮影する怪しい自分に耐えられない場合は、Googleストリートビューを使用する方法もあります。

ストリートビューでは、町の風景をかなりカバーしているので、スクリーンショットをとることで、近所の画像を入手することができます。

その場所まで出向く必要がないので、昔住んでいた場所など、過去に親しみがあった場所の画像を入手することができます。

ただ、建物内などの画像を手に入れることはできません。建物内の画像を入手したい場合は、自分の足を使います。

Googleストリートビューについての詳細はストリートビューを使うを参照してください。

置換画像のみつけかた

実体のない抽象的な内容を覚えるためには、それと似た発音だったり、文字の形が似ていたり、代表的な例などから、実体のあるものを見つけ、この画像を配置します。これを置換画像といいます。たとえば”9″を覚えたかったら、形が似ている”おたま”の画像で置きかえます。詳しくは置換法で形のないものを記憶するを参照してください。

毎回、置換できるものの写真を自分で撮影しにいくのは現実的ではありませんので、インターネットから画像を探してくる必要があります。

画像検索でさがす

画像検索は、インターネットで画像をさがすための主力です。Google画像検索Bing画像検索など、検索エンジンなら、どこでも画像検索機能はついていると思われます。たとえば、”おたま”で画像検索をおこなえば、いくらでも”おたま”の画像を手に入れることができます。

これらで画像をみつけだし、スクリーンショットをとることで、置換画像とします。なお、画像のトリミング(必要のない部分を切り取る機能)はLocibookにておこなえますので、無理に部分スクリーンショットで画像を取得する必要はありません。

写真をとる

その実体のない内容を思いだすキッカケが手元にあるのであれば、その写真を撮って、置換画像とします。たとえば、”bind”をおぼえたいとき、手元にあるバインダーを撮影して置換画像とすることなどです。

まとめ

  1. Locibookを上手く使うには、画面のスクリーンショットをとる必要がある。そのため、自分の使っているPCや携帯での、スクリーンショットの撮影方法をしっておく。
  2. 場所法の場所となる背景画像について、場所が遠方なときや、外出が面倒なときは、Googleストリートビューで探す。
  3. 画像検索サービスをつかって画像をさがし、そのスクリーンショットをとり、置換画像とする。
  4. Locibookには画像のトリミング機能がある。そのため、無理に部分スクリーンショットをとる必要はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.