いろは歌の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

いろは歌とは、すべての仮名を重複させないで、作られた歌です。この記事では、Locibookを使って、いろは歌を覚えてみます。

いろは歌について

いろは歌は、次のとおりです。

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

口語訳で読みやすくすると、次のようになります。

色はにほへど 散りぬるを
我が世たれぞ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて
浅き夢見じ 酔ひもせず

いろは歌は、近代まで、ひらがなを覚えるために使われてきましたが、現在は基本的に使用する機会のないものです。

しかしながら、日本人の最低限の教養として、覚えておくべきという声もあり、中学校の古典において、テスト出題されたりもするようです。

Locibookでの、いろは歌の覚え方

今回、3つの図を使って、いろは歌を覚えます。置換イメージの、上部に歌の原文、下部に歌の口語訳をおきます。口語訳は、復習のためのものです。

時計回りルールにて、各節を背景の場所に配置していきます。時計回りルールについては用語集を参照してください。

「いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ」の覚え方

はじめの4節を、それぞれの場所に置きます。

「いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ」の覚え方
「いろはにほへと ちりぬるを わかよたれそ つねならむ」の覚え方
  1. 車のディーラー上の茶色っぽい部分に、「いろはにほへと」を置きます。「いろは」より、いろいろな葉の色の紅葉を置換イメージとします。建物の茶色い部分から枝が伸びて、枝についている葉が紅葉している様子を想像します。
  2. 店のエンブレムの部分に、「ちりぬるを」を置きます。頭の「ちり」より、ちりとりを置換イメージとします。店のエンブレムに、たくさんのちりとりが引っ掛けられている様子をイメージします。
  3. 店の出入口に、「わかよたれそ」を置きます。頭の「わか」より、和歌の書かれた紙を画像を置換イメージとします。店に入ろうとしたら、和歌の書かれたおおきな掛け軸が、目の前でストンとひらいたイメージをします。
  4. 店の前のタイルに、「つねならむ」を置きます。店の前のタイルが、柔らかくてブヨブヨしてたので、つねってみるイメージをします。ブヨブヨとした感触を感じます。

「うゐのおくやま けふこえて」の覚え方

背景に、場所法に使用できそうな場所が少ないので、2節のみを配置します。

「うゐのおくやま けふこえて」の覚え方
「うゐのおくやま けふこえて」の覚え方
  1. 「うゐのおくやま」を、階段を登り切った所に置きます。「うゐ」より、上方向の矢印の画像を置換イメージとします。階段をのぼりきったところに、上方向の矢印の像がある姿をイメージします。その線をなぞって、形を手のひらで感じます。
  2. 「けふこえて」を、階段の途中に置きます。「けふ」より、丸印つきのカレンダーを置換イメージとします。階段の途中に大きなカレンダーがあり、今日の日付にむけて、輪なげの輪を投げるイメージをします。

「あさきゆめみし ゑひもせす」の覚え方

残った2節を、それぞれの場所に置きます。

「あさきゆめみし ゑひもせす」の覚え方
「あさきゆめみし ゑひもせす」の覚え方
  1. 「あさきゆめみし」を、野菜の写真の壁に置きます。「あさき」より、海の浅い場所の画像を置換イメージとします。野菜の写真の壁に、薄い水の層があるようすを想像します。触ってみて、水の冷たさを感じます。
  2. 「ゑひもせす」を、扉に置きます。「ゑひもせす」より、意味は逆ですが、酔っ払って寝込んでいる男性を置換イメージとします。そして、出入口で酔いつぶれた男性をイメージします。お酒の強いアルコールの匂いもかぎます。

覚え方のポイント

  • おぼえたい内容と、最初の音がおなじ(あるいは似ている)、形のあるものは置換イメージとできる。例えば、「ちりとり」が、「ちりぬるを」を思いだすためのトリガーとなる。
  • おぼえたい内容が表現しているシチュエーションと、明確に関係しているシチュエーションは、置換イメージとできる。例えば、「酔いつぶれた男の画像」が「ゑひもせす」を思いだすためのトリガーとなる。思いだすための切っ掛けにさえなればいいので、意味の厳密さは必要ない。

ここで紹介した方法は1つの例です。それぞれ慣れ親しんだ場所を背景画像として使い、よりしっくりくる置換画像があれば、そちらを採用してください。

「いろは歌の覚え方」への1件のフィードバック

  1. とても面白いと思いました。私も覚えるときにはいろいろこじつけて覚えます。例えば、「土佐日記」は「にっきのき」から「きのつらゆき」を思い出すとか、アメリカの五大湖は「いみをひす」「意味を秘す」と何の関係もないことをこじつけて「イーリー湖」「ミシガン湖」「オンタリオ湖」「ヒューロン湖」「スペイオル湖」という具合に覚えました。似ていると思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.