古典文法の助動詞の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

助動詞は、文の意味を補足したり、いわゆる筆者の気持ちや判断を表現する役割をもつ品詞です。そして、現代の日本語と同じように、古典文法にも助動詞があります。これを、ここでは古典文法助動詞と呼びます。

古典文法助動詞の知識は、古典の読み解きに必要なものです。もちろん、受験にも必要になります。しかしながら、覚える量も多く、古典文法助動詞自体もまるで暗号です。暗記に苦労している学生も多いようです。

この記事では、古典文法の助動詞の基本形とその意味を、Locibookを使い、記憶の宮殿へと格納していきます。

古典文法助動詞のリストを作成

まず、記憶の宮殿に配置する、古典文法助動詞とその意味をリストアップします。

  • 未然形
    • 受身, 尊敬, 可能, 自発
      • らる
    • 使役, 尊敬
      • さす
      • しむ
    • 打消
    • 推量
      • む(ん)
      • むず(んず)
      • まし
    • 打消推量
    • 希望
      • まほし
  • 連用形
    • 過去
      • けり
    • 完了
      • たり
    • 推量
      • けむ(けん)
    • 希望
      • たし
  • 終止形
    • 推量
      • らむ(らん)
      • べし
      • らし
      • めり
    • 打消推量
      • まじ
    • 伝聞・推定
      • なり
  • 連体形体言
    • 断定
      • なり
      • たり
  • その他
    • 完了
    • 比況
      • ごとくし

Locibookでの古典文法助動詞の覚え方

上でリストアップした、古典文法助動詞とその意味のリストを、Locibookを使って記憶の宮殿へと配置していきます。

なお、ほかの図と同様に、以下の図も1つの例です。背景画像は、ご自身の親しみのある場所に変更してください。また、置換画像も、より適したものがありましたら、そちらを採用してください。

覚えたい内容は、図において、0時方向から時計回りに配置していきます。

古典文法助動詞の覚え方1
古典文法助動詞の覚え方1
  • 未然形は店(みせ)
  • 受身…は柔道の受身
  • “る”はルアー
  • “らる”はラルフローレンのポロ
  • 使役…は働かされている労働者
古典文法助動詞の覚え方2
古典文法助動詞の覚え方2
  • “す”は酢
  • “さす”はサソリ
  • “しむ”はSIMM
古典文法助動詞の覚え方3
古典文法助動詞の覚え方3
  • 打消は打ち消し線
  • “ず”は何かの図
  • 推量は水量
古典文法助動詞の覚え方4
古典文法助動詞の覚え方4
  • “む”は空っぽの瓶(無)
  • “むず(んず)”は難しいルービックキューブ
  • “まし”はマシーン
  • 打消推量は打ち消し線
  • “じ”はジーンズ
古典文法助動詞の覚え方5
古典文法助動詞の覚え方5
  • “まほし”はまぼろし
  • 連用形は薬の連用
  • 過去は火口(かこう)
古典文法助動詞の覚え方6
古典文法助動詞の覚え方6
  • “き”は木
  • “けり”は蹴り
  • 完了は完了のチェック
  • “つ”は月(つき)
  • “ぬ”は塗る(ぬる)
古典文法助動詞の覚え方7
古典文法助動詞の覚え方7
  • “たり”はピースが足り(たり)ないパズル
  • “けむ(けん)”は
  • “たし”は足し(たし)算のプラス
古典文法助動詞の覚え方8
古典文法助動詞の覚え方8
  • 終止形はSTOPの看板
  • “らむ(らん)”は蘭
  • “べし”はゆべし
  • “らし”はラッシー
  • “メリ”はメリケン
古典文法助動詞の覚え方9
古典文法助動詞の覚え方9
  • “まじ”はマジックカーペット
  • “なり”は歩の成り(なり)
古典文法助動詞の覚え方10
古典文法助動詞の覚え方10
  • 断定はダンデライオン(たんぽぽ)
古典文法助動詞の覚え方11
古典文法助動詞の覚え方11
  • その他はotherで痣(あざ)
  • “り”はリス
  • 比況は不況
  • “ごとくし”は櫛(くし)

古典文法助動詞の覚え方へのコメント

この記事では、記憶の宮殿で古典文法助動詞を記憶しました。

ただ、皆さんも実感していると思いますが、記憶の宮殿は思いだすのに少し時間がかかります。テスト中に時間が足りなくなると思われるかもしれません。

たしかに、記憶の宮殿だけでテストに向かうのは無謀です。おそらく回答中に時間切れとなるでしょう。

しかしながら、知識を記憶の宮殿に入れておけば、通常の練習問題をしているうちに、すぐに取り出せるような記憶へと変化していきます。わざわざ、頭のなかで場所をたどる必要が無くなります。

したがって、良い点数を取りたければ、練習問題を行い、記憶の宮殿に入れた知識を使っていきましょう。何回か使っているうちに、自分のものとなるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.