UMLの覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

UML(Unified Modeling Language)とは、システムの構造・動作・協調関係などを、設計したり、他者と共有したりするときに使用される、グラフィカルな記法の一種です。統一モデリング言語とも呼ばれます。

UML_Diagrams
UML_Diagrams

UMLは、その意味や有用性について、様々な意見がありますが、この議論には触れません。筆者にはよく分かりませんので、専門家の方におまかせします。

ただ、ノートやホワイトボードにスケッチして、軽くシステムの設計をしたり、既存のシステムを理解・共有するのに有用な記法である事は事実です。

この記事では、UMLについてのLocibook的な覚え方を紹介します。

記憶の宮殿に配置するUMLリストの作成

まず、覚えたいUML図のリストを作成します。リストはUML図の名前のリストです。UML図の名前リストを覚える理由については、後述します。

  • #構造図
  • クラス図
  • コンポーネント図
  • 配置図
  • オブジェクト図
  • パッケージ図
  • #振る舞い図
  • アクティビティ図
  • ユースケース
  • ステートマシン図
  • #データ受け渡し図
  • シーケンス図
  • コミュニケーション図
  • タイミング図
  • 相互作用概要図

LocibookでのUMLの覚え方

作成したリストを、Locibookを使い、記憶の宮殿へと配置していきます。

ほかの図と同様に、以下のLocibook図も1つの例です。背景画像は、ご自身の親しみのある場所に変更してください。また、置換画像も、より適したものがありましたら、そちらを採用してください。

覚えたい内容は、Locibook図において、0時方向から時計回りに配置していきます。

UMLの覚え方1
UMLの覚え方1
  • 構造図は建築の構造
  • クラス図はクラウド
  • コンポーネント図は音楽のコンポ
  • 配置図はキレイに配置されたカップ
  • オブジェクト図はオブジェ
UMLの覚え方2
UMLの覚え方2
  • パッケージ図はプレゼント用パッケージ
  • 振る舞い図は巫女舞い
  • アクティビティ図はリゾートなどのアクティビティ
  • ユースケース図は柚子(ゆず)
  • ステートマシン図はマシン
UMLの覚え方3
UMLの覚え方3
  • データ受け渡し図は名刺の受け渡し
  • シーケンス図は試験官(しけんかん)
  • コミュニケーション図はコミュニケーション中の様子
  • タイミング図は時計
  • 相互作用概要図は相互作用しているイメージ

UML図名の一覧を覚えたら、UML図のわかりやすい画像をネットから拾ってきて、Locibook図として追加します。こうすることで、スペースド・リハーサル法による、効率的なUML図の復習ができます。

UML図を背景としてLocibook図を作成する
UML図を背景としてLocibook図を作成する

なお、復習時には、そのUML図の名前を記憶の宮殿のどこに配置したかを思い出します。すると、UML図名だけでなくUML図自体が、その場所とリンクされ、さらに記憶が強化されます。

UML図の名前を覚える理由

UML図について理解したいのに、その名前を覚えることに違和感を覚えるかもしれません。

確かに、UML図の名前だけを覚えても無意味です。役に立たないでしょう。

しかしながら、名前を覚えなければ、その中身を覚えたり理解したりするのは困難です。

なぜならば、理解や概念というのは、つかみどころない幽霊のような存在だからです。バラバラのまま理解したからといって、放っておけば雲散霧消してしまいます。そのため、これを縛り上げて1つにまとめて固定するものが必要となります。これが名前です。

したがって、何かを理解したり覚えるときは、まずその名前リストを覚えます。学習の効率が数倍になるはずです。

画像の引用元

WikiodaibafukayaKishorekumar 62,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.