忘れ物を防ぐ方法として、各ポケットに入れるものを決めておく

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

外出時、どのポケット何を入れるかを決めておきましょう。例えば、ズボン右ポケットには鍵、左ポケットには小銭といったようにです。

たしかに、自らルールを決めてそれに従うというのは、余計な手間のように思われます。どのポケットに何を入れるかを決めるのも面倒ですし、第一ルールに従う事自体が面倒です。もちろん、そのルールを覚えるのも手間です。

しかしながら、その労力や手間に見合うだけの価値があります。

なぜなら、外出時に持っていくべき物を考えたり、忘れ物がないか頭の中で確認するのは、さらに大きな手間となるからです。

各ポケットに入れるものを決めておけば、そのルールに従い、鍵などをポケットに入れるだけです。それで外出する準備が完了します。1通り準備が終わった後、財布が入れるポケットが空なら、財布を探してポケットに入れます。これで忘れ物を防ぐことができます。頭の中を空っぽにしてても可能な作業です。

一方、ルールに従う手間は慣れます。むしろ、どこのポケットに何を入れるか、余計なことを考える必要がなくなり、楽になります。

日々の労力は小さくても、それが毎日となれば、とても大きな無駄となります。外出の準備に2分余計にかかるようなら、一年間ならば、365×2で730分の無駄になります。10時間以上の無駄です。

各ポケットに入れるべきものを決めてしまいましょう。外出時、ちょっと楽になります。

この記事では、このポケット習慣を確実に身につけるための、Locibookを使った方法を紹介します。

各ポケットに入れるものを決める

まず、どのポケットに何を入れるかを決めます。

当方の外出時の服装で、ポケットがあるのは次の衣類です。

  • ダウンベスト
  • パーカー
  • ズボン

それぞれの衣類のポケットに、入れるべきものを割り当てます。

  • ダウンベスト
    • 右ポケットにケータイ
    • 左ポケットに財布
  • パーカー
    • 右ポケットに常備薬
  • ズボン前面
    • 右ポケットに鍵
    • 左ポケットに小銭
  • ズボン背面
    • 右ポケットにハンカチ

これらは、なお1つの例ですので、各自の服装や持ち物に置き換えてください。

ルールの習慣化のためにLocibook図を作る

これらのリストを、普段着の画像を背景とし、各ポケットの上に配置していきます。

なお、ほかの図と同様に、以下の図も1つの例です。各画像は、ご自身の服装や持ち物に置き換えてください。

作成した図は次のとおりです。衣類の画像の方向については、着用している状態の視点の向きとあわせています。

ダウンベストのポケットに入れるもの
ダウンベストのポケットに入れるもの

パーカーのポケットに入れるもの
パーカーのポケットに入れるもの

ズボン前面のポケットに入れるもの
ズボン前面のポケットに入れるもの

ズボン背面のポケットに入れるもの
ズボン背面のポケットに入れるもの

このように、Locibook図を作っておけば、Locibookのスペースド・リハーサルによる復習提案により、忘れたころに思い出させてくれます。それが使える習慣であれば、確実に自分のものできます。

習慣化のためのLocibook図

このように、ちょっとしたルールを決めることで、手間が省けたり、作業が楽になることがあります。

代表的なものに、整理整頓があります。どこに何を収納するかを、決めておくべきでしょう。そのルールさえあれば、収納する場所を考える必要がなくなります。また、物が必要になった場合に、すぐに見つけることができます。

たしかに、ルール決めやそれを習慣化するのには、手間がかかります。

しかしながら、ルールを決めるのは一度だけです。一方、ルール化の恩恵は一生です。ルール化を進めていくと、ちょっとしたことが、大きな負担になっている事に気付くこともあります。

また、Locibookを使ったスペースド・リハーサルによる復習機能があれば、習慣化も難しくはありません。Locibookが、忘れたころに通知してくれます。ルールを覚えてなければ、ルールに従うことはできません。Locibookはルール化の習慣化のサポートになります。

ルール化とその習慣化で、毎日の無駄な時間をどんどん消してください。その分、他のことに使える時間や精神的余裕が増えるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.