名著「人を動かす」をLocibookで身につける

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

人を動かす」は、まわりの人間を味方にする、影響力のある協力者をあつめる、友人を作るなどのアドバイスが書かれた、自己啓発書の元祖とも言われる名著です。

この書籍はデール・カーネギーによって書かれ、1936年10月に初版が発行されました。日本で430万部、世界で1500万部を以上を売り上げています。ソ連最後の最高指導者のミハイル・ゴルバチョフも当時の米国大統領のロナルド・レーガンも読んだとされます。

「人を動かす」などの自己啓発書は、読破することで、その内容を身につけられたような高揚感にひたれます。

たしかに、気持ちよくなりたいだけなら、1回読むだけでいいでしょう。「人を動かす」を読めば、翌日より、友達がたくさんできたり、協力者が集まってきたりする気分に浸れます。
しかし、残念ながら、ほとんどの人はそのノウハウを仕事や生活に生かせません。

なぜならば、本の内容を忘れてしまうからです。1回読んだだけでは、翌日には本の70%を忘れてしまいます。うろ覚えでは、本の知見に従い行動する気持ちもなくなります。

逆に言えば、本の内容がしっかりと頭に残っていれば、その知見を生活や仕事に生かせるという事です。もちろん、本の知識が自由に取り出せればの話です。

この記事では、「人を動かす」の内容を生かすため、Locibookを使った本の要旨の覚え方を紹介します。

「人を動かす」の要旨をピックアップしリスト化する

まず、覚えるべき内容を、「人を動かす」よりピックアップし、リスト化します。

リスト化した内容は次のとおりです。

  • 人を動かす三原則
    1. 批判も非難もしない。苦情も言わない。
    2. 率直で、誠実な評価を与える。
    3. 強い欲求を起こさせる。
  • 人に好かれる六原則
    1. 誠実な関心を寄せる。
    2. 笑顔で接する。
    3. 名前は、当人にとって、最も快い、最も大切な響きを持つ言葉であることを忘れない。
    4. 聞き手にまわる。
    5. 相手の関心を見抜いて話題にする。
    6. 重要感を与える – 誠意を込めて。
  • 人を説得する十二原則
    1. 議論に勝つ唯一の方法として議論を避ける。
    2. 相手の意見に敬意を払い、誤りを指摘しない。
    3. 自分の誤りをただちにこころよく認める。
    4. おだやかに話す。
    5. 相手が即座に’イエス’と答える問題を選ぶ。
    6. 相手にしゃべらせる。
    7. 相手に思いつかせる。
    8. 人の身になる。
    9. 相手の考えや希望に対して同情を持つ。
    10. 人の美しい心情に呼びかける。
    11. 演出を考える。
    12. 対抗意識を刺激する。
  • 人を変える九原則
    1. まずほめる。
    2. 遠まわしに注意を与える。
    3. まず自分の誤りを話した後、相手に注意を与える。
    4. 命令をせず、意見を求める。
    5. 顔を立てる。
    6. わずかなことでも、すべて、惜しみなく、心からほめる。
    7. 期待をかける。
    8. 激励して、能力に自信を持たせる。
    9. 喜んで協力させる。

Locibookで「人を動かす」の要旨を覚える

次に、Locibook図に、覚えたい内容を配置していきます。

なお、ほかの図と同様に、以下の図も1つの例です。背景画像は、ご自身の親しみのある場所に変更してください。また、置換画像も、より適したものがありましたら、そちらを採用してください。

覚えたい内容は、図において、0時方向から時計回りに配置していきます。

人を動かす三原則
人を動かす三原則
  • 人を動かす三原則
    • 人がよく動いているイメージ
  •  率直で、誠実な評価を与える
    • ネットショップなどの評価のイメージ
人に好かれる六原則1
人に好かれる六原則1
  • 誠実な関心を寄せる
    • 関心(かんしん)より監視(かんし)カメラ
人に好かれる六原則2
人に好かれる六原則2
  • 相手の関心を見抜いて話題にする
    • 話題(わだい)より和太鼓(わだいこ)
人を説得する十二原則1
人を説得する十二原則1
  • 相手の意見に敬意を払い、誤りを指摘しない
    • 指摘する指のイメージ
人を説得する十二原則2
人を説得する十二原則2
  • おだやかに話す
    • おだやかな水面
人を説得する十二原則3
人を説得する十二原則3
  • 人の身になる
    • 身より刺し身
人を変える九原則1
人を変える九原則1
  • 人を変える九原則
    • 変えるより蛙(かえる)
  • まず自分の誤りを話した後、相手に注意を与える
    • バナナの皮に注意というイメージ
人を変える九原則2
人を変える九原則2
  • 命令をせず、意見を求める
    • 手を上げて意見するイメージ
  • わずかなことでも、すべて、惜しみなく、心からほめる
    • わずなことより、小さな鳥をイメージ
人を変える九原則3
人を変える九原則3
  • 激励して、能力に自信を持たせる
    • 激励→励ます→ハゲている人

あとは、Locibookのスペースド・リハーサルによる復習をこなすことで、頭の中に確実に本の内容が刻み込まれるはずです。

記憶することで本のノウハウを生かせるようになる

「人を動かす」にかぎらず、自己啓発書的な本を仕事や生活に役立てたかったら、その内容を覚えなければなりません。

たしかに、覚えるのは面倒です。「人を動かす」のこの規模のLocibook図を作成するのに数十分はかかるでしょう。そして、スペースド・リハーサルによる復習もしなければなりません。

しかしながら、せっかく読んだ本の知識を無駄にするよりはマシです。今まで読んだ自己啓発書やノウハウ本を思い返してみてください。何か覚えていることはありますか?それ、仕事や生活で役立ちましたか?ほとんどの人の返答はノーでしょう。

「人を動かす」などの自己啓発書やノウハウ本を読んだら、それをLocibook図にして覚えてしまいましょう。必ず、役に立つ状況が来るはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.