徳川将軍の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

江戸幕府は260年以上もつづき、その長である徳川将軍も15代に渡ります。

通常、徳川将軍15代については、語呂合わせによる覚え方がされているようです。ただ、どの語呂合わせも複雑で、無理があるように感じます。語呂合わせは、語呂自体は覚えやすいのですが、その解釈を忘れてしまう事が問題です。こうなると、ブツブツと語呂をつぶやきながら、無駄に時間を使うハメになります。

この記事では、語呂合わせの代わりに、Locibookを使った記憶の宮殿による、徳川将軍15代の覚え方を紹介します。記憶の宮殿法は、語呂合わせよりも長期記憶となりやすく、語呂の区切りを考える必要がありません。1つの手法として、試してみてください。

15代ある徳川将軍をリストアップする

まずは、覚えたい徳川将軍の15代をリストアップします。

リストアップした内容は次のとおりです。

  1. 家康 いえやす
  2. 秀忠 ひでただ
  3. 家光 いえみつ
  4. 家綱 いえつな
  5. 綱吉 つなよし
  6. 家宣 いえのぶ
  7. 家継 いえつぐ
  8. 吉宗 よしむね
  9. 家重 いえしげ
  10. 家治 いえはる
  11. 家斉 いえなり
  12. 家慶 いえよし
  13. 家定 いえさだ
  14. 家茂 いえもち
  15. 慶喜 よしのぶ

Locibookによる徳川将軍15代の覚え方

次に、このリストをLocibook図へと配置していきます。

なお、ほかの図と同様に、以下の図も1つの例です。背景画像は、ご自身の親しみのある場所に変更してください。また、置換画像も、より適したものがありましたら、そちらを採用してください。

覚えたい内容は、図において、0時方向から時計回りに配置していきます。

徳川十五代1
徳川十五代1
  • 家康
    • わかりきっているので、家康の肖像画
  • 秀忠
    • 秀忠(ひでただ)より髭(ひげ)。無理がありますが覚えられれば問題ないです。
  • 家光
    • レーザー光
徳川十五代2
徳川十五代2
  • 綱吉
    • 前の将軍が家綱。そして、植物のヨシ。
  • 家継
    • ツグミ
  • 吉宗
    • 暴れん坊将軍のイメージがあるので白馬
徳川十五代3
徳川十五代3
  • 家重
    • 重り
  • 家治
    • 春(はる)の桜
  • 家斉
    • 成金(なりきん)
  • 家慶
    • 慶応大学マークの万年筆
徳川十五代4
徳川十五代4
  • 家定
    • 定規
  • 慶喜
    • “喜”の漢字より、喜んでいる女性

図ができたら、Locibookのスペースド・リハーサルのタイミングで、図の見直しを行なってください。徳川将軍15代が、忘れられない、長期記憶となるはずです。

順番を覚えたい場合は、図への配置数を統一する

徳川将軍の例のように、ものごとの順番を覚えなければならない場合があります。こういった場合は、各図における、記憶の配置数を統一することをお勧めします。例えば、最初の図に4人の将軍を配置したら、次の図にも4人を配置します。

たしかに、図によって記憶を置けそうな場所の数は異なります。記憶が配置できそうな、思い出しやすい特徴のあるポイントは、背景によって異なるでしょう。最初の図には特徴のある場所が4つあっても、次の図には2つだけかもしれません。

しかしながら、たとえ特徴のない場所に記憶を配置することになっても、図へ配置する記憶の数は統一するべきです。

なぜかというと、特定の順番の記憶を取り出しやすくなるからです。たとえば、徳川将軍10代目の将軍を知りたいとします。記事の例のように、各図に4人づつ将軍を配置してきていれば、3枚目の2番目が10代目の将軍であるとわかります。1枚目に4代目まで、2枚目で8代目まで、3枚目のはじめが9代目、2番目が10代目となるわけです。

ある内容をその順番ごと覚えたい場合は、図に配置する記憶の数は統一しましょう。欲しい記憶が取り出しやすくなるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.