いろは歌の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

いろは歌とは、すべての仮名を重複させないで、作られた歌です。この記事では、Locibookを使って、いろは歌を覚えてみます。

続きを読む いろは歌の覚え方

黄道十二星座の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

黄道十二星座は、黄道(こうどう:天球上における太陽の通る道)の上にある、へびつかい座をのぞいた、次の12の星座です。この記事では、この12星座を覚えます。

続きを読む 黄道十二星座の覚え方

干支の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

干支(子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥)を、順番どおりに全て覚えるのは、なかなかどうして苦労します。

「ね、うし、とら、う、たつ、み」までは、語呂というかリズム感がいいので、簡単に覚えられます。問題は、その先の「うま、ひつじ、さる、とり、いぬ、い」です。リズムが良くないせいか、覚えるのに苦労します。たとえ一度覚えたとしても、すぐに忘れてしまいます。

この記事では、2度と忘れないように、Locibookを使って干支のならびを全て覚えます。

続きを読む 干支の覚え方

数字仮名置換法をLocibookで身につける

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

数字仮名置換法は、無味乾燥な数字を、ひらがなに置きかえ、言葉をつくって覚える方法です。

もともと、人間の頭は、数字のような抽象的なものを覚えるようにはできていません。とはいえ、歴史年号を覚えたり、暗証番号をおぼえたりしなければいけません。苦労してる人も多いはずです。

数字仮名置換法は、電話番号・歴史年号・セキュリティナンバーのような、単調で、なんの意味も面白みもない数字をおぼえるのに役に立ちます。

続きを読む 数字仮名置換法をLocibookで身につける

ジャーニー法による勉強法でのルートの作りかた

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

ジャーニー法を使っていくと、ジャーニー法に使用できるルートが枯渇してきます。勉強法に使用できる場所を無駄にしないで、できるだけたくさんのルートを確保したいものです。この記事では、ジャーニー法による勉強法でのルートの探し方と作り方ついて説明します。

ジャーニー法に使用できそうなルートは、4パターンに分けられます。

建物内パターン

自宅、実家、祖父・祖母の家などが使えます。他人の家はやめておきましょう。たとえ親しくても、怪しまれます。

建物の中では、次のルールで記憶を置く場所をきめていきます。ルールを決めておくと、場所の決定が楽になります。また、記憶を取りだす際に、移動ルートについて、悩まずに済みます。

  1. 玄関から左手法で移動します。左手法とは、向かって左側にある部屋には必ず入り、左側にある廊下は必ず曲がるというルールで、建物内を一回りする方法です。
  2. 途中、左側にあるカベや特徴的なものを、場所として確保します
  3. 部屋に入ったら、天井を場所として確保します
  4. 部屋では、向かって左側から出口まで、ぐるっと見渡し、カベや特徴的なものを場所として確保します
  5. 2,3,4を続けてすすむと、最終的に玄関にもどります
  6. 1と同じ方向に進み、まだ場所として拾っていない、右側の壁や、右側の部屋の中の場所をひろっていきます

続きを読む ジャーニー法による勉強法でのルートの作りかた

本を暗記する方法

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

一冊の本の内容を身につけたいときは、その本を覚えてしまいます。はじめは、内容を理解する必要はありません。とにかく覚えます。

暗記するより、理解すべきという声が聞こえてきそうですが、理解よりもまず覚えることです。このあたりは、覚えてから、理解するで詳しく述べているので、そちらを参照してください。

とはいっても、本を一冊丸々覚えろといっても、現実的ではありません。そんな、記憶力があったら、こんなページ見てないはずです。

しかし、目次だけならどうでしょうか。いま、手元にある本で確認したら、目次の数は70個くらいでした。これぐらいの量であれば、場所法をつかって覚えられる量です。

本を身につけたかったら、まず目次を覚える

本の内容を身につけたかったら、まず目次を覚えるべきです。

とはいえ、「はいそうですか」と納得できる人は少ないです。では、なぜ目次をおぼえるのでしょうか。理由は4つあります。

続きを読む 本を暗記する方法

覚えてから、理解する

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

いわゆる教育業界には、「丸暗記は悪、理解しろ」「記憶するより、理解するほうが重要!」といった、空気があるように思えます。

たしかに、丸暗記というのは、なんだかガリ勉っぽくて、イメージが悪い印象です。逆に、理解するというのは、インテリっぽくて、なんだかカッコいいです。

しかしながら、本当に丸暗記が悪で、理解という、もやっとした抽象的なものに頼ることから、学習をスタートするべきなのでしょうか?。

続きを読む 覚えてから、理解する

Locibookに使用する画像のみつけかた

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

Locibookを使っていくと、さまざまな種類の画像がたくさん必要になってきます。画像の入手方法や画像をさがすコツとして、スクリーンショットの撮り方と、インターネットにおける画像の探し方を紹介します。

続きを読む Locibookに使用する画像のみつけかた

Locibookでスペースド・リハーサル法を実施する

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

Locibookでは、スペースド・リハーサル法をかんたんに実施できます。スペースド・リハーサル法の復習機能は、「スペースド・リハーサル」という名前で提供されています。

続きを読む Locibookでスペースド・リハーサル法を実施する

スペースド・リハーサル法とは

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

スペースド・リハーサル法(spaced rehearsal)とは、学習より時間がたたないうちに、集中的に復習をして、除々に復習の間隔を広げていく復習方法です。間隔反復法または間隔反復伸長法ともよばれています。

続きを読む スペースド・リハーサル法とは