アミノ酸の構造式の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

アミノ酸にはα炭素と呼ばれる、アミノ基とカルボキシル基が結合する炭素が1つあります。α炭素には、アミノ基とカルボキシル基の他に、水素原子と側鎖がつながっています。側鎖は、アミノ酸ごとに異なり、それぞれのアミノ酸に電荷の有無・極性・親水性・疎水性などの性質を与えます。

アミノ酸の構造式を覚えるということは、この側鎖について覚えることです。

それぞれのアミノ酸の構造式は次のとおりです。

21種類のアミノ酸
21種類のアミノ酸

アミノ酸の構造は、アミノ酸の名前と同様に、受験にて出題されます。また、医学・生物学・化学などの分野における、基礎的な知識でもあります。覚えておいて損はありません。

アミノ酸のおおまかな形を覚えるのは、そんなに難しくありません。ノートに何回か書いたり、記憶の宮殿に配置したりすれば、覚えられるはずです。

しかしながら、厳密に覚えるのは厄介です。というのも、炭素鎖の長さを覚える必要がありますし、ある場所の原子が炭素原子なのか窒素原子なのかを覚えなけばいけません。

この記事では、アミノ酸の構造を覚えるための工夫として、各アミノ酸の炭素原子の数を覚えてしまいます。炭素鎖の長さが分からなくなったとき、炭素原子数さえわかれば、導き出せます。また、ある場所の原子が炭素原子なのか窒素原子なのかがわからなくなったとき、炭素原子数を覚えていれば、ヒントとなります。

炭素原子数はPAOシステムで覚えます。PAOシステムについては、次の記事の数字の覚え方を読んでおいてください。

PAOシステムまとめ

なお、アミノ酸の順番は、アミノ酸の名前を覚えた時の順番です。

アミノ酸の覚え方
続きを読む アミノ酸の構造式の覚え方

アミノ酸の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

アミノ酸(amino acid)は、タンパク質の素材となる有機化合物です。

アミノ酸は、アミノ基(-NH2)とカルボキシル基(-COOH)を持っており、アミノ酸どうしのアミノ基とカルボキシル基が結合し、鎖状になることで、タンパク質を作り上げます。DNAにはこのアミノ酸の配列情報が格納されています。

アミノ酸の一覧は次のとおりです。なお、セレノシステインはアミノ酸として扱われないこともあります。今回はこの画像に合わせて、セレノシステインもアミノ酸として覚えます。

21種類のアミノ酸
21種類のアミノ酸

アミノ酸の知識は、大学受験はもちろん、医学・生物・化学分野における基礎となるものです。

しかしながら、アミノ酸は、20もしくは21種類もあるので、覚えるには少し手間がかかります。もし、力づくで試験前に覚えたとしても、復習しなければ、すぐに忘れてしまいます。これでは、記憶した労力が無駄になってしまいます。

この記事では、アミノ酸の記憶が、2度と忘れない長期記憶となるよう、記憶の宮殿に格納していきます。

続きを読む アミノ酸の覚え方

記憶の宮殿でのクエン酸回路の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

クエン酸回路は、酸素呼吸を行う生物にみられる、好気的代謝を行うための重要な生化学反応回路です。TCA回路やカルビン・ベンソン回路などとも呼ばれます。

この回路は、アセチルCoAを原料とした反応回路であり、ATPや電子伝達系にて使われるNADHなどのエネルギー物質を生産し、生体活動に使用するエネルギーの生成を担っています。

クエン酸回路
クエン酸回路

画像より、クエン酸回路の各反応では、次のような物質が生成されるのが見て取れます。

  • クエン酸
  • アコニット酸
  • イソクエン酸
  • オキサロコハク酸
  • ケトグルタル酸
  • スクシニルCoA
  • コハク酸
  • フマル酸
  • リンゴ酸
  • オキサロ酢酸

最後のオキサロ酢酸がアセチルCoAと反応し、クエン酸が生成され、クエン酸回路の初めに戻ります。

クエン酸回路は、生化学における基本中の基本であり、大学受験でも使われる知識です。覚えなきゃいけない人も多いはずです。

今回は、記憶の宮殿を使った、このクエン酸回路の覚え方を紹介します。

続きを読む 記憶の宮殿でのクエン酸回路の覚え方

秋の七草の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

秋の七草とは、以下の7種の草花のことです。

  • ハギ(萩)
  • キキョウ(桔梗)
  • クズ(葛)
  • フジバカマ(藤袴)
  • オミナエシ(女郎花)
  • オバナ(尾花:ススキのことです)
  • ナデシコ(撫子)

これらは、秋を代表する植物として、広く親しまれています。

春の七草と違い、秋の七草では、お粥にいれて食べたりするようなことはありません。勘違いして、食べないようにしてください。お粥に入れて食べないだけでなく、他にこれといった行事もありません。

ただ鑑賞するために、秋の七草は決められています。春の七草と違い、華やかな植物が多く、俳句や歌などに詠まれることも多いようです。

前の記事にて、春の七草を覚えましたので、次は秋の七草を覚えてみます。

この記事では、記憶の宮殿をつかった、秋の七草の覚え方を紹介します。

続きを読む 秋の七草の覚え方

春の七草の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

春の七草とは、七草粥にいれる植物の若菜のことです。

七草粥は、1月7日の朝に食べ、その年の無病息災を願う習慣です。この七草粥を食べる習慣は、一説では平安時代から行われていたと言われています。

春の七草とは、具体的に次の7種の植物の若菜です。

  • セリ
  • ナズナ
  • ゴギョウ
  • ハコベラ
  • ホトケノザ
  • スズナ(カブのこと)
  • スズシロ(大根のこと)

この春の七草を覚えておけば、道端に生えている春の七草を見つけた時、世の中を知っている気持ちになれ、いい気分にひたれます。渋い、おばあちゃんの知恵袋的な知識ですので、子供に尊敬されたり、他の人に自慢できるかもしれません。

また、春の七草は、小学生やら中学生やらで、授業で覚えてくるように指示されることもあるようです。覚えてもすぐに忘れてしまうと、頭を悩ます学生さんもいるはずです。

一生使える知識ですし、数も多くありません。何度も覚えるのも面倒ですので、記憶の宮殿で長期記憶にしてしまいましょう。

この記事では、Locibookと記憶の宮殿を使った、春の七草の覚え方を紹介します。

続きを読む 春の七草の覚え方