名著「人を動かす」をLocibookで身につける

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

人を動かす」は、まわりの人間を味方にする、影響力のある協力者をあつめる、友人を作るなどのアドバイスが書かれた、自己啓発書の元祖とも言われる名著です。

この書籍はデール・カーネギーによって書かれ、1936年10月に初版が発行されました。日本で430万部、世界で1500万部を以上を売り上げています。ソ連最後の最高指導者のミハイル・ゴルバチョフも当時の米国大統領のロナルド・レーガンも読んだとされます。

「人を動かす」などの自己啓発書は、読破することで、その内容を身につけられたような高揚感にひたれます。

たしかに、気持ちよくなりたいだけなら、1回読むだけでいいでしょう。「人を動かす」を読めば、翌日より、友達がたくさんできたり、協力者が集まってきたりする気分に浸れます。
しかし、残念ながら、ほとんどの人はそのノウハウを仕事や生活に生かせません。

なぜならば、本の内容を忘れてしまうからです。1回読んだだけでは、翌日には本の70%を忘れてしまいます。うろ覚えでは、本の知見に従い行動する気持ちもなくなります。

逆に言えば、本の内容がしっかりと頭に残っていれば、その知見を生活や仕事に生かせるという事です。もちろん、本の知識が自由に取り出せればの話です。

この記事では、「人を動かす」の内容を生かすため、Locibookを使った本の要旨の覚え方を紹介します。

続きを読む 名著「人を動かす」をLocibookで身につける

人の顔と名前の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

名前を覚えることの重要性

人を動かすの著者として有名なデールカーネギーは、「人の名前はその人にとって最も甘い声音である」と述べています。

この言葉が示す通り、人は自分の名前を覚えている人間に対して、「私のことを重要な人間であると評価してくれている」と考え、親しみを覚えます。逆に、自分の名前を覚えていない人間に対し、「自分を重要視しておらず、軽く扱っている」と感じ、反感を覚えます。

名前を覚えて、その名前を呼ぶという事は、外すかもしれないお世辞を言うよりもリスクが少なく、確実に相手に喜んでもらえます。

続きを読む 人の顔と名前の覚え方