アルファベットの覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

アルファベットとは、英語などで使われる表音文字の一種であり、伝統的に次のように並べられるものです。

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ

この記事では、記憶の宮殿を使ったアルファベット覚え方を紹介します。

とはいっても、ほとんどの人は、アルファベットくらいは覚えています。アルファベットの数え歌は、とても有名です。多くの人が暗唱できるはずです。ここで、わざわざ覚え直す必要があるのでしょうか。

たしかに、既に覚えていることを記憶の宮殿化するのは、無駄なことです。既に覚えていることに、わざわざ新たに労力をかけてやる必要はありません。

しかしながら、アルファベットを記憶の宮殿化して、イメージとして頭に入れておくのには大きなメリットが有ります。

なぜなら、人間の頭は、記号などといった抽象的なものを覚えるようにはできていないからです。脈絡もなくあらわれた、DとかFといったアルファベットを長期的に覚えておくのは難しいのです。

例えば、キーボードショートカットを覚えたい場合など、アルファベット記号を無理やり覚えるよりは、それの持つイメージを使って覚えたほうが、はるかに効率がいいです。

もちろん、子供がアルファベットを覚えるためにも有効です。アルファベットのおぼえ歌も素晴らしいですが、聴覚ばかり刺激するより、記憶の宮殿を使い、空間的・視覚的な刺激も与えたほうが、子供の脳にもいいはずです。

なお、各アルファベットについて、そのアルファベットを先頭に持つイメージに置き換えるのは、フォネティック法と呼ばれ、子供の教育に使われています。

フォネティックとは”音声的な”という意味で、フォネティックコードとして、航空業界などで、聞き取りミスしやすいスペルを口頭で伝える際にも使用されています。フォネティックコードとは次のようなものです。

  • A – Alpha
  • B – Bravo
  • C – Charlie
  • D – Delta

フォネティックコードは業界や組織により異なります。詳しくは、以下リンクを参照ください。

フォネティックコード

本題とそれてしまいましたが、伝えたい事は、アルファベットをイメージとして覚えると捗るということです。この記事では、アルファベットをイメージ化して覚えるための、記憶の宮殿を使った覚え方を紹介します。

続きを読む アルファベットの覚え方

円周率の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

円周率(えんしゅうりつ)とは、円の円周の直径に対しての比率として定義される、数学の定数です。

円周をC、直径をdとすると、次のように定義されます。

\pi = \frac{C}{d}

60ケタまでの円周率は、次のとおりです。

3.
1415926535 8979323846 2643383279 5028841971 6939937510 5820974944 ...

当然、この先も数字が続いていきます。

この記事では、円周率の覚え方を紹介します。円周率の覚え方として、数字の覚え方のPAOシステムを使います。読む前に次の記事を読んでおいてください。

この円周率を覚えるチャレンジはPAOシステムの練習にもなります。というより、PAOシステムの練習が主な目的です。普通に考えて、円周率を長く覚えても意味は無いと思います。ただ、頭の良さアピールのハッタリには使えるかもしれません。

もちろん、純粋なチャレンジとして、円周率をより長く覚える事は否定しません。精神鍛錬的な効果がありそうです。

続きを読む 円周率の覚え方

数字の覚え方のPAOシステムの身につけ方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

この記事は、PAOシステムの、現実的な身につけ方のガイドです。

記事は、次の記事の続きです。はじめにそちらを参照ください。

上の記事で、PAOシステム数字変換表覚え方で、表の記憶の宮殿での覚え方については記しました。しかし、これだけだと、数字から人のイメージを取り出すのに慣れが必要となります。

できれば、数字から人イメージ、人イメージから数字がすぐに思いつくようにしたいです。(これを、数字-人ショートカットと呼びます)

ここでは、PAOシステムの数字変換表における、数字と人の相互変換がすぐにできるよう、形態法と語呂合わせで、数字-人ショートカットを作成します。そして、その覚え方を紹介します。

続きを読む 数字の覚え方のPAOシステムの身につけ方

脳神経の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

脳神経(cranial nerves)とは、人間などの、脊椎動物の脳から直接出ている末梢神経です。脳神経は、次のとおり12対あります。

  1. 嗅神経(きゅうしんけい)
  2. 視神経(ししんけい)
  3. 動眼神経(どうがんしんけい)
  4. 滑車神経(かっしゃしんけい)
  5. 三叉神経(さんさしんけい)
  6. 外転神経(がいてんしんけい)
  7. 顔面神経(がんめんしんけい)
  8. 内耳神経(ないじしんけい)
  9. 舌咽神経(ぜついんしんけい)
  10. 迷走神経(めいそうしんけい)
  11. 副神経(ふくしんけい)
  12. 舌下神経(ぜっかしんけい)
脳神経
脳神経

この脳神経は、なかなか覚えづらく、多くの医学生を悩ませています。そのため、語呂合わせでの覚え方も、たくさんの種類があります。

例えば、次のような語呂合わせがあります。

嗅いで見る動く車の三の外、顔耳のどに迷う副舌

こういった語呂合わせは、単純に脳神経の名前をつぶやくよりは、はるかに覚えやすいです。しかしながら、文が意味不明で、ちょっと気を抜くと忘れてしまいます。

ここでは、通常の語呂合わせとは異なる覚え方を紹介します。次のような番号と神経名をまとめたイメージを、記憶の宮殿の各場所に配置する覚え方です。

  1. 嗅神経 → 一休さん
  2. 視神経 → ニシン
  3. 動眼神経 → 参道
  4. 滑車神経 → かっしゃ(かっ4ゃ)
  5. 三叉神経 → ゴミ箱
  6. 外転神経 → ムカデ
  7. 顔面神経 → 七面鳥
  8. 内耳神経 → 矢印
  9. 舌咽神経 → 喉を吸引した
  10. 迷走神経 → 10名逃走
  11. 副神経 → いい服
  12. 舌下神経 → トニーが舌を出す

続きを読む 脳神経の覚え方

秋の七草の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

秋の七草とは、以下の7種の草花のことです。

  • ハギ(萩)
  • キキョウ(桔梗)
  • クズ(葛)
  • フジバカマ(藤袴)
  • オミナエシ(女郎花)
  • オバナ(尾花:ススキのことです)
  • ナデシコ(撫子)

これらは、秋を代表する植物として、広く親しまれています。

春の七草と違い、秋の七草では、お粥にいれて食べたりするようなことはありません。勘違いして、食べないようにしてください。お粥に入れて食べないだけでなく、他にこれといった行事もありません。

ただ鑑賞するために、秋の七草は決められています。春の七草と違い、華やかな植物が多く、俳句や歌などに詠まれることも多いようです。

前の記事にて、春の七草を覚えましたので、次は秋の七草を覚えてみます。

この記事では、記憶の宮殿をつかった、秋の七草の覚え方を紹介します。

続きを読む 秋の七草の覚え方

春の七草の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

春の七草とは、七草粥にいれる植物の若菜のことです。

七草粥は、1月7日の朝に食べ、その年の無病息災を願う習慣です。この七草粥を食べる習慣は、一説では平安時代から行われていたと言われています。

春の七草とは、具体的に次の7種の植物の若菜です。

  • セリ
  • ナズナ
  • ゴギョウ
  • ハコベラ
  • ホトケノザ
  • スズナ(カブのこと)
  • スズシロ(大根のこと)

この春の七草を覚えておけば、道端に生えている春の七草を見つけた時、世の中を知っている気持ちになれ、いい気分にひたれます。渋い、おばあちゃんの知恵袋的な知識ですので、子供に尊敬されたり、他の人に自慢できるかもしれません。

また、春の七草は、小学生やら中学生やらで、授業で覚えてくるように指示されることもあるようです。覚えてもすぐに忘れてしまうと、頭を悩ます学生さんもいるはずです。

一生使える知識ですし、数も多くありません。何度も覚えるのも面倒ですので、記憶の宮殿で長期記憶にしてしまいましょう。

この記事では、Locibookと記憶の宮殿を使った、春の七草の覚え方を紹介します。

続きを読む 春の七草の覚え方

イオン化傾向の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

イオン化傾向とは、金属が水溶液中にあるとき、陽イオン化しての水溶液中への溶け込みやすさの強弱のことをいいます。

例えば、リチウムやカリウムは、水溶液中によく溶けこみ陽イオン化するため、イオン化傾向が大きいです。逆に、白金(プラチナ)や金は、水溶液中に溶け込みにくく、イオン化傾向が小さいです。

イオン化傾向の覚え方は、通常、次のような語呂合わせが使われています。

リッチに貸そうかな、まあ当てにするな、ひどすぎる借金

この語呂合わせの各文字は、次のリストの各金属に割り当てられます。

  1. リッチに (Li: リチウム)
  2. 貸そうか (K: カリウム)
  3. か (Ca: カルシウム)
  4. な、 (Na: ナトリウム)
  5. ま (Mg: マグネシウム)
  6. あ (Al: アルミニウム)
  7. 当 (Zn: 亜鉛)
  8. て (Fe: 鉄)
  9. に (Ni: ニッケル)
  10. すん (Sn: すず)
  11. な、 (Pb: 鉛)
  12. ひ(H2: 水素)
  13. ど (Cu: 銅)
  14. す (Hg: 水銀)
  15. ぎる (銀: Ag)
  16. 借 (白金: Pt)
  17. 金 (金: Au)

イオン化傾向の語呂合わせでの覚え方は便利です。ただ、イオン化傾向の語呂合わせ自体を忘れてしまったり、語呂合わせの解釈を忘れてしまう可能性があります。

ここでは、語呂合わせに記憶の宮殿を追加する覚え方で、イオン化傾向について、より強固に覚えます。

続きを読む イオン化傾向の覚え方

必須アミノ酸の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

必須アミノ酸とは、動物が生きていくために必要な20種のアミノ酸の中の、食べ物として外から摂取しなければならないアミノ酸のことです。体内で合成されにくいアミノ酸は動物によって違うので、必須アミノ酸は動物によって異なります。

人間の場合は、次の9種類が必須アミノ酸です。

  • トリプトファン(Tryptophan)
  • リシン(Lysine)
  • メチオニン(Methionine)
  • フェニルアラニン(Phenylalanine)
  • トレオニン(Threonine)
  • バリン(Valine)
  • ロイシン(Leucine)
  • イソロイシン(Isoleucine)
  • ヒスチジン(Histidine)

今回は、この人間の必須アミノ酸覚え方を紹介します。

続きを読む 必須アミノ酸の覚え方

炎色反応の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

炎色反応(えんしょくはんのう)とは、アルカリ金属やアルカリ土類金属などの塩類を炎の中に入れると、それぞれの金属に特有の色を出すという反応です。

具体的には、各元素ごとに、次のような色が出ます。

  • リチウム(Li)は 赤
  • ナトリウム(Na)は黄色
  • カリウム(K)は紫
  • カルシウム(Cu)は緑
  • カルシウム(Ca)は橙
  • ストロンチウム(Sr)は赤
  • バリウム(Ba)は黄緑

炎色反応の覚え方には、語呂合わせが有名です。例えば次のような語呂合わせです。

リアカー無きk村 動力に馬力を借りるとすっかー

ただ、こういった語呂合わせは、どうにも無理があるよう思えます。不自然な文ですし、語呂の解釈の仕方を忘れてしまいそうな不安感もあります。

ここでは、語呂合わせを使わない、記憶の宮殿とイメージを使った、炎色反応の覚え方を紹介します。

続きを読む 炎色反応の覚え方

チェバの定理の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

チェバの定理(Ceva’s theorem)とは、三角形についての、幾何学の定理の1つです。チェバの定理を簡単に説明すると次のようになります。まず、図を確認ください。

チェバの定理の図
チェバの定理の図

チェバの定理の図には、三角形ABCと任意の点であるOがあります。そして、直線AO,BO,COと各対辺との交点を、それぞれD,E,Fとします。

この時、次の等式が成立します。

\frac{AF}{FB}\cdot\frac{BD}{DC}\cdot\frac{CE}{EA} = 1

なお、チェバの定理において、任意の点Oは三角形の外側にあっても問題ありません。

ここでは、論理的思考を邪魔をしないような、イメージを使ったチェバの定理覚え方を紹介します。

続きを読む チェバの定理の覚え方