デザインパターンの覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

多くのオブジェクト指向による開発では、クラスやオブジェクトの配置や組み合わせに、ある種のパターンが繰り返して用いられています。

GoF(Gang of Four)と呼ばれる4人(エーリヒ・ガンマ、リチャード・ヘルム、ラルフ・ジョンソン、ジョン・ブリシディース)は、多くのプロジェクトのソースコードを読み、これらの頻出するオブジェクトやクラス群のパターンをまとめました。これをデザインパターン(design pattern)といいます。デザインパターンは、次の23種からなります。

  • Iterator
  • Adapter
  • Template Method
  • Factory Method
  • Singleton
  • Prototype
  • Builder
  • Abstract Factory
  • Bridge
  • Strategy
  • Composite
  • Decorator
  • Visitor
  • Chain of Responsibility
  • Facade
  • Mediator
  • Observer
  • Memento
  • State
  • Flyweight
  • Proxy
  • Command
  • Interpreter

これらのパターンは、優れた開発者によって練られたパターンであり、開発しやすかったり拡張しやすいといった特徴があります。優秀な開発者たちが使ってきたパターンですから、そのパターン自体が優れているのは当然です。

また、開発者どうしのコミュニケーションにも、大きな役割を果たします。例えば、Abstract Factoryで実装したと伝えるだけで、デザインパターンという共通認識により、どのような実装であるかが一発で伝わります。

ここでは、記憶の宮殿を使った、デザインパターンの名前リストの覚え方を紹介します。もちろん、リストを覚えるだけでは意味が無いのでデザインパターンを個別に学習する必要があります。ただ、リストを覚えておけば、デザインパターンの全体像をつかみやすくなるので、記憶の定着が格段に上がります。

続きを読む デザインパターンの覚え方

MacOSXのlaunchd設定の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

launchdは、デーモン・アプリケーション・プロセス・スクリプトの起動やスケジュール実行を行う、オープンソースのシステムスタートアップソフトウェアです。MacOSXにおいては、cronのかわりに、launchdの使用が推奨されています

launchdを使うことで、何分かごとにプログラムを実行したり、毎日何時何分にプログラムを実行したりできます。

launchdの詳細は別サイトや書籍にまかせて、この記事ではlaunchdというソフトウェアの設定の覚え方を紹介します。launchdは、利用されない方も多いと思いますが、ソフトを初めて使用する際に、Locibookではこうした準備を推奨しているという例として紹介します。

続きを読む MacOSXのlaunchd設定の覚え方