アミノ酸の構造式の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

アミノ酸にはα炭素と呼ばれる、アミノ基とカルボキシル基が結合する炭素が1つあります。α炭素には、アミノ基とカルボキシル基の他に、水素原子と側鎖がつながっています。側鎖は、アミノ酸ごとに異なり、それぞれのアミノ酸に電荷の有無・極性・親水性・疎水性などの性質を与えます。

アミノ酸の構造式を覚えるということは、この側鎖について覚えることです。

それぞれのアミノ酸の構造式は次のとおりです。

21種類のアミノ酸
21種類のアミノ酸

アミノ酸の構造は、アミノ酸の名前と同様に、受験にて出題されます。また、医学・生物学・化学などの分野における、基礎的な知識でもあります。覚えておいて損はありません。

アミノ酸のおおまかな形を覚えるのは、そんなに難しくありません。ノートに何回か書いたり、記憶の宮殿に配置したりすれば、覚えられるはずです。

しかしながら、厳密に覚えるのは厄介です。というのも、炭素鎖の長さを覚える必要がありますし、ある場所の原子が炭素原子なのか窒素原子なのかを覚えなけばいけません。

この記事では、アミノ酸の構造を覚えるための工夫として、各アミノ酸の炭素原子の数を覚えてしまいます。炭素鎖の長さが分からなくなったとき、炭素原子数さえわかれば、導き出せます。また、ある場所の原子が炭素原子なのか窒素原子なのかがわからなくなったとき、炭素原子数を覚えていれば、ヒントとなります。

炭素原子数はPAOシステムで覚えます。PAOシステムについては、次の記事の数字の覚え方を読んでおいてください。

PAOシステムまとめ

なお、アミノ酸の順番は、アミノ酸の名前を覚えた時の順番です。

アミノ酸の覚え方
続きを読む アミノ酸の構造式の覚え方

アミノ酸の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

アミノ酸(amino acid)は、タンパク質の素材となる有機化合物です。

アミノ酸は、アミノ基(-NH2)とカルボキシル基(-COOH)を持っており、アミノ酸どうしのアミノ基とカルボキシル基が結合し、鎖状になることで、タンパク質を作り上げます。DNAにはこのアミノ酸の配列情報が格納されています。

アミノ酸の一覧は次のとおりです。なお、セレノシステインはアミノ酸として扱われないこともあります。今回はこの画像に合わせて、セレノシステインもアミノ酸として覚えます。

21種類のアミノ酸
21種類のアミノ酸

アミノ酸の知識は、大学受験はもちろん、医学・生物・化学分野における基礎となるものです。

しかしながら、アミノ酸は、20もしくは21種類もあるので、覚えるには少し手間がかかります。もし、力づくで試験前に覚えたとしても、復習しなければ、すぐに忘れてしまいます。これでは、記憶した労力が無駄になってしまいます。

この記事では、アミノ酸の記憶が、2度と忘れない長期記憶となるよう、記憶の宮殿に格納していきます。

続きを読む アミノ酸の覚え方

必須アミノ酸の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

必須アミノ酸とは、動物が生きていくために必要な20種のアミノ酸の中の、食べ物として外から摂取しなければならないアミノ酸のことです。体内で合成されにくいアミノ酸は動物によって違うので、必須アミノ酸は動物によって異なります。

人間の場合は、次の9種類が必須アミノ酸です。

  • トリプトファン(Tryptophan)
  • リシン(Lysine)
  • メチオニン(Methionine)
  • フェニルアラニン(Phenylalanine)
  • トレオニン(Threonine)
  • バリン(Valine)
  • ロイシン(Leucine)
  • イソロイシン(Isoleucine)
  • ヒスチジン(Histidine)

今回は、この人間の必須アミノ酸覚え方を紹介します。

続きを読む 必須アミノ酸の覚え方