記憶の宮殿でのクエン酸回路の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

クエン酸回路は、酸素呼吸を行う生物にみられる、好気的代謝を行うための重要な生化学反応回路です。TCA回路やカルビン・ベンソン回路などとも呼ばれます。

この回路は、アセチルCoAを原料とした反応回路であり、ATPや電子伝達系にて使われるNADHなどのエネルギー物質を生産し、生体活動に使用するエネルギーの生成を担っています。

クエン酸回路
クエン酸回路

画像より、クエン酸回路の各反応では、次のような物質が生成されるのが見て取れます。

  • クエン酸
  • アコニット酸
  • イソクエン酸
  • オキサロコハク酸
  • ケトグルタル酸
  • スクシニルCoA
  • コハク酸
  • フマル酸
  • リンゴ酸
  • オキサロ酢酸

最後のオキサロ酢酸がアセチルCoAと反応し、クエン酸が生成され、クエン酸回路の初めに戻ります。

クエン酸回路は、生化学における基本中の基本であり、大学受験でも使われる知識です。覚えなきゃいけない人も多いはずです。

今回は、記憶の宮殿を使った、このクエン酸回路の覚え方を紹介します。

続きを読む 記憶の宮殿でのクエン酸回路の覚え方