忘れ物を防ぐ方法として、各ポケットに入れるものを決めておく

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

外出時、どのポケット何を入れるかを決めておきましょう。例えば、ズボン右ポケットには鍵、左ポケットには小銭といったようにです。

たしかに、自らルールを決めてそれに従うというのは、余計な手間のように思われます。どのポケットに何を入れるかを決めるのも面倒ですし、第一ルールに従う事自体が面倒です。もちろん、そのルールを覚えるのも手間です。

しかしながら、その労力や手間に見合うだけの価値があります。

なぜなら、外出時に持っていくべき物を考えたり、忘れ物がないか頭の中で確認するのは、さらに大きな手間となるからです。

各ポケットに入れるものを決めておけば、そのルールに従い、鍵などをポケットに入れるだけです。それで外出する準備が完了します。1通り準備が終わった後、財布が入れるポケットが空なら、財布を探してポケットに入れます。これで忘れ物を防ぐことができます。頭の中を空っぽにしてても可能な作業です。

一方、ルールに従う手間は慣れます。むしろ、どこのポケットに何を入れるか、余計なことを考える必要がなくなり、楽になります。

日々の労力は小さくても、それが毎日となれば、とても大きな無駄となります。外出の準備に2分余計にかかるようなら、一年間ならば、365×2で730分の無駄になります。10時間以上の無駄です。

各ポケットに入れるべきものを決めてしまいましょう。外出時、ちょっと楽になります。

この記事では、このポケット習慣を確実に身につけるための、Locibookを使った方法を紹介します。

続きを読む 忘れ物を防ぐ方法として、各ポケットに入れるものを決めておく