春の七草の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

春の七草とは、七草粥にいれる植物の若菜のことです。

七草粥は、1月7日の朝に食べ、その年の無病息災を願う習慣です。この七草粥を食べる習慣は、一説では平安時代から行われていたと言われています。

春の七草とは、具体的に次の7種の植物の若菜です。

  • セリ
  • ナズナ
  • ゴギョウ
  • ハコベラ
  • ホトケノザ
  • スズナ(カブのこと)
  • スズシロ(大根のこと)

この春の七草を覚えておけば、道端に生えている春の七草を見つけた時、世の中を知っている気持ちになれ、いい気分にひたれます。渋い、おばあちゃんの知恵袋的な知識ですので、子供に尊敬されたり、他の人に自慢できるかもしれません。

また、春の七草は、小学生やら中学生やらで、授業で覚えてくるように指示されることもあるようです。覚えてもすぐに忘れてしまうと、頭を悩ます学生さんもいるはずです。

一生使える知識ですし、数も多くありません。何度も覚えるのも面倒ですので、記憶の宮殿で長期記憶にしてしまいましょう。

この記事では、Locibookと記憶の宮殿を使った、春の七草の覚え方を紹介します。

続きを読む 春の七草の覚え方