オームの法則の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

オームの法則(Ohm’s law)は、電圧・抵抗・電流の関係をあらわす法則であり、電気工学で最も重要な法則の1つです。オームの法則は、1826年にドイツの物理学者であるオームにより発見されました。

オームの法則の式は、電圧をV・抵抗をR・電流をIとすると、次のとおりに記述されます。

V = RI

上記式より、次の式が成立することがわかります。

R = \frac{V}{I}

次の式も成立します。

I = \frac{V}{R}

つまり、電圧・抵抗・電流の、どれか2つがわかれば、残り1つが算出できるということです。

オームの法則は、大学受験の物理で必要な知識です。また電気工学における、基本的で重要な法則です。

この記事では、記憶の宮殿を使った、忘れないオームの法則の覚え方を紹介します。

続きを読む オームの法則の覚え方