日本史の年号の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

年号の暗記は、日本史を学ぶ上で、最も重要な作業です。

たしかに、日本史では、出来事の時代的背景や理由の理解が重要です。

しかしながら、ある出来事の背景や理由は、年号をさかのぼる事で推測できます。たとえ記憶が曖昧でも、前後の出来事をを思い出せれば、なんとなく答えが出せるでしょう。その上、出来事間を因果関係で結びつけられるので、勉強の効率も上がります。

もちろん、試験には、年号自体を問うような問題もあります。このような問題では、年号自体を覚えていなければ解答できません。

よって、日本史のテストで良い点数をとりたかったら、年号を覚え、頭のなかに日本史の年表を作らねばなりません。

この記事では、記憶の宮殿と数字のイメージ化による、日本史の年号(年表)の覚え方の例を紹介します。

なお、年号のイメージ化には、PAOシステムで使用した数字変換表を使用しています。詳しくは下記を参照してください。

PAOシステムの数字変換表の例
続きを読む 日本史の年号の覚え方

沖縄返還の年号の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

沖縄の施政権がアメリカ合衆国から日本に帰された事を沖縄返還と言います。年号は1972年(昭和47年5月15日)です。この際、日本の内閣総理大臣は佐藤栄作であり、アメリカの大統領はリチャード・ニクソンでした。

なお、沖縄返還と同じ年号に日中共同声明が調印されています。こちらは、田中角栄の仕事です。時期的には、沖縄返還が先です。1972年の年号のうちに、佐藤栄作から田中角栄へと、首相が変わったということです。

ここでは、年表を丸々覚えるために、図に沖縄返還を追加します。そして、出来事の流れ、沖縄返還の年号の覚え方を紹介します。

続きを読む 沖縄返還の年号の覚え方

日中共同声明の年号の覚え方

これは、旧Locibookにおいて書かれた記事です。復習ロボットには適用されない内容の可能性があります

日中共同声明は、中華人民共和国の北京で調印された、日本と中華人民共和国の共同声明です。日中共同声明により、中国との国交が回復しました。年号は1972年です。

日中共同声明では、日本は中華人民共和国政府が中国の正統政府であること、そして台湾が中華人民共和国の領土の一部であることを、日本が認めるという内容となっております。

なお、同じ年号にアメリカより沖縄が返還されています。

ここでは、年表を丸々覚えるために、図に日中共同声明を追加します。そして、出来事の流れ、日中共同声明の年号の覚え方を紹介します。

続きを読む 日中共同声明の年号の覚え方